東北大学 社会にインパクトある研究 持続可能で心豊かな社会の創造

社会にインパクトある研究推進室長の挨拶

東北大学 理事・副学長(社会連携・震災復興推進担当)原 信義

社会課題の解決を目指した東北大学の新たな研究

 「社会にインパクトある研究」は「持続可能で心豊かな社会」の創造に向け、社会の深刻な課題の解決に取り組む東北大学の研究拠点です。2015年に、金井浩副学長(当時)のリーダーシップの下に準備が開始されました。最大の特長は、組織的にかつ長期的に研究を推進するため、解決すべき社会課題に対して本学の強みを活かした理念とグランドデザインを策定し、目指す方向を明確化にしていることにあります。

 拠点の形成にあたっては、まず現代社会が抱える解決困難な課題を分析し、東北大学が解決に貢献すべき7つのテーマ(「持続可能環境の実現」、「健康長寿社会の実現」、「安全安心の実現」、「世界から敬愛される国づくり」、「しなやかで心豊かな未来の創造」、「生命と宇宙が拓く交感する未来へ」、「社会の枢要に資する大学」)を掲げました。その上で、それぞれのテーマに分類される社会課題の解決に向けて、全学から部局の壁を越えて研究者を集結して30のプロジェクトを立ち上げました。

 各プロジェクトのリーダーは様々な分野の研究者と打ち合わせを重ね、理念とグランドデザインを策定してきました。理念とグランドデザインでは、社会課題を整理した上で、どのような解決のシナリオに沿って推進するのか、30年後までの研究のマイルストーンをもまとめています。今後は、研究機関、産業界、政府・自治体等との連携を図り、プロジェクトを推進していきます。

 私は本年4月より社会連携および震災復興推進を担当することとなり、これまでの「震災復興推進プロジェクト」に加えて、「社会にインパクトある研究」の推進も担うことになりました。東北大学は2017年6月に我が国最初の指定国立大学法人の一つとして指定されたことを受けて、現在、「創造と変革を先導する大学」への進化を図るための教育、研究および社会連携活動を強化しています。社会変革のためには、社会課題解決のための新しい価値創造とイノベーション創出が不可欠です。東日本大震災の被災経験とその後の復興プロジェクトによって醸成された「社会と共にある大学」というアイデンティティを大切にしながら、「震災復興推進プロジェクト」および「社会にインパクトある研究」を社会との協働によって推進してまいります。皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

2018年9月
東北大学 理事・副学長(社会連携・震災復興推進担当)
原 信義