東北大学 社会にインパクトある研究 持続可能で心豊かな社会の創造

世界から敬愛される国づくり

心豊かにする未来の情報科学

情報の未来
コンピュータの性能向上、ネットワークの整備、通信の高速化、人工知能やIoT技術の発達など、情報化の急速な進展によって、私たちの生活環境のみならず、行動や習慣、価値観、教育や産業のあり方が大きく変容してきた。そして、情報リテラシー不足が招く情報格差、情報モラルや情報セキュリティなどの諸問題が噴出するなど、「人間性と情報技術との調和」が今日の大きな社会的課題となっている。従来のコミュニケーション論・組織論・社会論・教育論だけでは,これらの諸課題に対応することが難しくなっている。
未来の情報社会における社会・生活・産業そして文化の変化と課題を予測し、「五感で感じ得る心豊かな情報社会」の実現のために大学がどのような学術的寄与ができるのか、そして、情報社会の「光」と「影」を熟知し「人間を心豊かにする」情報科学のあり方を理解した人材の育成に大学がどのように関与すべきかについて、今一度立ち止まって検討することが必要である。
東北大学は、情報科学研究科 人間社会情報科学専攻(※1)が中心となり、個別科学を統合する共通概念としての「情報」に着目し、情報化による社会の変革を探り、人間と情報の関係を捉えるための学際的な教育研究を推進する。情報社会によってもたらされる恩恵や希望と、それらの恩恵を享受する中で懸念される諸課題を踏まえ、未来の社会のビジョンを描き、大学で実践的な教育を行うとともに、人材育成や社会のあり方に対する提言を行い、初等中等教育や社会への実装を目指す。
具体的には、

(1)多様な価値観が際立つ情報社会における批判的思考力の養成

(2)情報技術の習得だけでなく「人間性と情報技術との調和」を問い直す情報リテラシー教育および言語教育のあり方

(3)あらゆる人々が参画できる情報社会のあり方

(4)芸術など文化面において情報技術がもたらす変容

などに関して、価値観・倫理観の観点から包括的な検討を行う。
本研究で得られた知見を社会に発信することによって、上記の社会的諸課題を解決し、心豊かな未来の情報社会を実現するとともに、情報社会の光と影に対応できる知識と人間力を有したリーダー層の人材育成を図り、教育界や産業界、そして広く地域社会に輩出する。
※1 東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻は、情報科学を、あらゆる学問分野間の相互作用のただなかにあって、単なる技術・知識を越えた新しい知の地平を切り拓く学問分野として位置づけ、自然科学系の分野としてだけでなく、人文・社会科学系の分野にもまたがる先端的かつ総合的・学際的な基礎学問として発展させてきている。

プロジェクトの概要

現在準備中

推進責任者| 堀田 龍也(情報科学研究科)
窪 俊一(情報科学研究科)

プロジェクトの資料

A-3グランドデザイン サムネイル
グランドデザイン(PDF)
A-3研究・実践集 サムネイル
研究・実践集(PDF)
A-3プロジェクトメンバー一覧 サムネイル
プロジェクトメンバー一覧(PDF)

プロジェクトの進捗状況

2017年6月13日 本プロジェクトの題目、理念を公開しました。

関連サイト

現在準備中

このプロジェクトに関するお問い合わせ

現在準備中
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29