東北大学 社会にインパクトある研究 持続可能で心豊かな社会の創造

安全安心の実現

多角的視点に立脚した包括的な感染症リスク低減

感染症克服
感染症は、人類によって克服可能なものと考えられていた時期もあったが、新興感染症(※1)が次々に出現し、耐性菌(※2)が増大するなど今なお世界的な脅威である。とりわけ,低・中開発国では未だに死亡原因の多くを感染症が占めている。そればかりか、新型インフルエンザが発生すると全世界で数千万人が死亡するという推計もあり、感染症は人類が直面する最も深刻な脅威の一つである。感染症の基礎研究はこの数十年で飛躍的に進んできているが、現状の抗菌薬・抗ウイルス薬やワクチンの開発のみでは必ずしも問題解決につながらない。感染症の発生および伝播には社会的要因・環境要因などが複雑に絡み合っていることを考慮するなら、基礎的研究だけでなく、多角的視点から課題の解決に取り組むことの重要性は明白である。
東北大学は、医学系研究科が中心となって学内の知を結集し、「社会の中の感染症」(※3)という観点からそのリスクを把握して包括的に評価し、その低減を目指す。具体的には、微生物学的要因・ホスト要因だけでなく、社会的要因・環境要因などを含む多角的な視点からも感染症のリスクを再評価し、リスク低減対策を検討し提言する。ノロウイルスについてはすでに医学系研究科と工学研究科が共同で、ウイルス学的視点からだけではなく環境中のウイルスの動態、コミュニティー内での伝播に影響する様々な要因について検討を行っている。これに農学・薬学・人文社会系などの視点からの解析を加えることにより、さらに包括的なリスク低減に資する研究を推進する。また、他の感染症に対しても同様のアプローチで問題解決に挑むとともに、こうした多角的視点から、低・中開発国を含むグローバルな感染症の問題にも積極的に取り組んでいく。
本プロジェクトは、感染症にレジリエントな社会の構築を基本理念として、感染症のリスクを包括的な視点から低減する方策を提言し、日本のみならずグローバルな感染症対策に貢献することを目指す。
※1 新興感染症;新たに発生するか、あるいは新たに地域的に拡大した感染症のことで、近年相次いで出現してきている。(例)SARS、エボラ出血熱、ジカウイルスなど。
※2 耐性菌:抗菌薬(抗生物質)に耐性を持つ細菌のことで、多くの薬剤に耐性を示す多剤耐性菌などが世界的にも大きな問題となっている。
※3 「社会の中の感染症」:感染症は伝播し、拡散していくということが大きな特徴である。その伝播・拡散には、社会的要因・環境要因など非常に多くの要因が複雑に絡み合っている。にもかかわらず従来の感染症研究では、微生物を社会・環境から切り離して実験室内で扱うという非常に限られた視点からの研究が主に行われてきた。本プロジェクトでは多角的視点から問題解決を目指すため、感染症を社会・環境の中の問題として捉える。

プロジェクトの概要

現在準備中

推進責任者| 押谷 仁(医学系研究科)

プロジェクトの資料

A-3グランドデザイン サムネイル
グランドデザイン(PDF)
A-3研究・実践集 サムネイル
研究・実践集(PDF)
A-3プロジェクトメンバー一覧 サムネイル
プロジェクトメンバー一覧(PDF)

プロジェクトの進捗状況

2017年6月13日 本プロジェクトの題目、理念を公開しました。

関連サイト

現在準備中

このプロジェクトに関するお問い合わせ

現在準備中
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29